“Q:MINAMISOMA?” “A:MINAMISOMA! “

チワチワ~だーれだ?
ボクだよー、ラッコスだよ!

練馬0・4
東北道越谷・11

単位はμシーベルトだよ

いってきまーす!

20121201-031535.jpg

広告

ANNY’S REPORT What’s the radiation for?

みなさま

★「放射能」についてのお話会&移動喫茶
3日(日)午前中は、2日の寺内第2仮設に続いて小池第3仮設住宅で、S口鉄夫さんの「わかりやすい“放射能”のお話」がありました。前日よりも更に多くの方が集まって、また前日は女性ばかりでしたが、この日は男性達も数人参加されました。

S口さんのお話
「放射能の事を考える時に、まず日本がどんな国かを知って欲しい」そう言ってS口さんは簡単に日本の地図を描き、「ここに宮古島という小さな島があります」
そう語り出したS口さんは、宮古島の住民に呼ばれて調査した時の事を話しました。
188人のお年寄りが住む小さな集落での事です。

●公害に対しての自治体や国の姿勢
集落の外れにゴミを溜めてある場所があって、そのゴミタメ場で火事が起き住民は逃げたが、煙は集落の方へ流れた。
火は消えたが3ヶ月後に住民達は、皮膚から薄紫色の出血が出たり水泡ができて破れたりした。
また、煙が流れた方角にあるサトウキビ畑で働いていた3人が死んだ。
住民達はみんな、どこかしら具合が悪くなった。(火事から3ヶ月後のこうした状況の時に、関口さんは呼ばれて調査に行ったのです)
調べてみると、ゴミタメ場からはもう火も煙も出ていないように見えたが、下ではまだ燃えていてアクロベイムとベンゼンという有害物質を出していた。
その後も2年ほど燃え続けていた。
住民は(平均年齢87歳)お金を出し合って、裁判を起こした。
沖縄県も環境省も、火は消えているから問題ないと言い続けた。
宮古島のこの例を話したあとで、茨城県の竜ヶ崎の井戸水が原因で癌になった住民の話もしました。
これは竜ヶ崎市のゴミ捨て場から有害物質が地下水に滲み、汚染水が井戸に入っていた事が原因でした。
住民は裁判を起こして最終的には勝訴しましたが、市も国も無視だったそうです。
「こう言う仕事をしていると、日本はこんな国なんだという事がよく判ります」と、環境科学者のS口さんは、自身が関わった中からの宮古島と竜ヶ崎を例に挙げて、こう言いました。

●福島第一原発事故
「事故の後で米原という学者が福島に来て講演をしましたが、皆さん覚えていますか?」
“1年間に100ミリシーベルトの放射線を浴びても、200人のうちのたった一人が癌で死ぬだけです。1年間に200ミリシーベルトを浴びると、200人のうちの2人が死にます。”
「米原さんは、こんな絵を描いて、そう言ったのです。たった一人という言い方をしたのです。
それでは、他の人はなんでもないのでしょうか?国も御用学者達も、放射能=ガン=死としか考えられないのでしょうか?
チェルノブイリでは8年後に循環器系の障害が、10万人中98,000人に出ました。ほぼ全員ですね。その他免疫障害や目の症状等々、さまざまな問題が現れています」
福島第1原発事故の影響は、人によっても出方が異なるので、自分はどんな汚染を受けているのかを知るようにすること。
そのためには、どんなに小さな事でもいいから、記録をとっていく事や、また昨年の3月以降の事もできる限り思いだして記録しておく事。
南相馬は海岸より2~5キロの地域(20キロ圏内も含めて)は、長野市並みの放射線量なので、安心して住んで大丈夫。
(これは前日も話されたのですが、海岸から2~5キロの地域は、日中に太陽に照らされて地表が温まっているいる為に空気が上昇している。その上昇する空気の層が、ちょうどヘルメットのようになって、原発から吐き出された汚染物質を含む空気を跳ね返す。そのために汚染された空気は、海岸から2~5キロの地表を通り越して向こう側へ流れ落ちる。それが、阿武隈山系と奥羽山系の間を通り抜けて伊達市や飯舘村に流れた。)
ただし、南青馬でも山に向かって汚染が進んでいるし、場所によって汚染された度合いは異なっている。
海岸から2~5キロでは、作物を作っても大丈夫だし、作物によって放射線の吸い方が違うので、そうした事もよく知って作っていくとよい。

●二次汚染
汚染された瓦礫と、汚染されていないものを混ぜて無雑作に燃やしたりする事が危険。(これにより放射能が出る)
政府はフィルターをかけて汚染物質を吸着させるから燃やしても大丈夫などと言っているが、それは嘘。
海に近い数キロの瓦礫はきれいだが、平野(川が流れてできた扇状地)の頭の部分の瓦礫や、山の方の瓦礫は放射線量が高い。
だから、これらを一緒に燃やしてはいけない。

S口さんは、もっとたくさんをわかりやすく話して下さいました。
そして最後に「国を頼っているといつまでも嘘をつかれます。国を信用しないで、丁寧に自分たちで自分たちの村作りをしている地域は、日本全国にたくさんあります」と言って、前日も話して下さった長野県の下條村などの例を話して下さいました。
参加された方からの質問にも丁寧に答えられて、きっと皆さんにはこれからの見通しを立てる指針になった事と思います。
仮設住宅に住む方達も、いろいろです。
海岸から2~5キロに家があって、津波で家が流された人。
地盤沈下や液状化している地域に家があった人。
津波の影響は受けなかった山の方に家があり、家はそのまま残っているけれど放射線量の高い地域の人。
仮設住宅に住むお年寄りの子どもや孫世代は、南相馬を離れて避難生活を送っている人も少なくありません。
家族が分断された生活の中で、先の見通しが持てない事がなによりも辛い事だと思いますが、S口さんの話がそれぞれの家族が今後の暮しを考えていく上での参考になったと思います。
また、今ここで暮らしているお年寄り達にとっての安心感にもつながった事と思います。
この日も、移動喫茶をいたしました。

報告がこんなに遅れて、また冗長な報告になりました。
この日の午後は鹿島区の浄土真宗本願寺派のお寺をお訪ねし、ご住職からのお話をお聞きして帰りました。
その報告はまた改めていたします。
最後までお読み下さって、ありがとうございました。   

ANNY

↓このPICは去年末の南相馬の中学校付近だよ~by ラッコス

20121129-132319.jpg

RAKKOS BERLIN ” women labor of today”

ハロー!こちらはジェシカです。
9月から個人的事情でドイツはベルリンに住み始めました。
別に放射線から逃げるとかそんなんじゃなくて(ベルリンも東京と同じくらいのマイクロシーベルトらしい)逆に、RAKKOSのみんなと行動できないのがデメリットくらいに思いつつ、遠くからもこのページ見てます!
まー、そんなこんなでジェシカもRAKKOSベルリン支部として細々と熱くいこうと思ってるからよろしくっす~!いえー

で、今回ジェシカがここにお邪魔したのは、ベルリンに来て3ヶ月しか経ってないのに労働と雇用の問題が持ち上がったからなのだ!
もうね、ゴボチンのインタビュー読んでてセックスワーカについて考えるとことか同じ感じでさ、所々すげータイムリーに響いたのよ。
ちなみに、全く原発とかドイツの行動とかとも何のも関係ない個人的な話みたいなもんなので、暇なひとだけ読んでみちゃってね☆

そんなジェシカの仕事はセックスワーカーとまではいかないけれど、他人の体を全身モミモミしまくるマッサージの仕事。もちろんエロは無しよ!w
ま、自分の腕で稼ぐってとこは一緒。
フリーランスじゃないから、ギャラは店次第てとこもね。
そんで、まさにジェシカは今、ピンハネの店で働いているのだ。
なんと、時給換算するとだいたい300円台!
高校生のコンビニバイトの半額以下なんだぜ!
関東なら最低時給の半額にも及ばないんだぜ!すごいだろ~!
え?うん、ここは間違いなくドイツの首都ベルリンだよ!
発展途上国でもインドでもないんだよ!(インド、ごめん。w)
ま、普通のベルリンの日本食レストランで働こうものなら時給700以上は貰えるらしいから外国人労働者だからでもないし、ジェシカだからってわけじゃーないんだからねっ!
あくまでも、私の勤務している店がピンハネってるだけなのだ。
マッサージということで時給で計算しないことを良いように使ってね。超グレーってかブラック!うんこ!

そんな店の現状を知らず、ドイツ語もようしゃべれんのに生活費の足しにとマッサージ仕事への好奇心だけで突っ込んでった無知な日本人女子。
いやー、無知ってまじ恐ろしいよ。大失敗!

具体的にギャラ事情を出すと…
客一人につき60分から90分コースの全身マッサージで客はだいたい35ユーロから50ユーロ払ってる。
そんで、ジェシカの取り分は60分5ユーロ(90分7.5ユーロ)+チップって感じ。
客を待機している時間は時給発生しないし、最低保障とかは一切なし!
そんで、毎回8時間~12時間拘束されて、一日5~6人の客に体力使って(結構肉体労働なのだ)、頑張っても日本円で4000円いくことはない有様なのです。。
((ちなみに今は1ユーロ=100円ちょい超えくらいだね))

ベルリンは実は移民もすごく多くて(ジェの住んでる町は家賃安くてトルコ人がいーっぱいい居る地区なんだ~リトルイスタンブールだよ!w)物価も他のドイツ都市やヨーロッパ都市と比べるとかなり安い。
月6万あれば一人でギリギリ生活していける感じです。
そんなんで、こんなブラックなマッサージ店でも週5働けば何とか食ってけるんだけどワープアは確定!
しかも西洋人は東洋人よりも脂肪率高いし、だいたいの客は良い体格しちゃってんだから週5で毎日5~6人相手にするってーのは相当な疲労ゲットなのである。
続けてたら”私は何のために生きてんだ~!”ってなっちゃうよ。
全くもって、労働と賃金の割に合っていないバランス悪の雇用状態。
計算すると私の取り分は店の取り分の12~15%だって!超ピンハネ!
もう笑うしかねーくらいですよ。ほんとに。w

ちなみに、ジェがそんな一時間5ユーロの店と契約を交わしたのは
当初、店側は客から給与とは別にチップが貰えることを大いに期待させる感じで誘ってきたからなのである。
それは、まったくのトリックで大誤算だったわけだが、
今回ばかりは持ち前のポジティブ思考も災いし
”5ユーロは安いけどチップ社会だからチップたくさんもらえるんだろうなぁ♪”
~なーんて安易に契約してしまったのだ。
契約の際には冷静さが求められますね。反省。

チップ事情は、店のみんなのを平均して考えると
チップくれる客は半分以下。
そして、だいたい1~5ユーロあたりをウロウロ。
そりゃそーさ、くれるだけ有難い。客はすでに店にサービス料払ってんだからね。
冷静になってみたら店側の誘い文句に惑わされた自分の考えの甘かったこと!バカ!

これって奴隷労働みたいなもんだよね?
ちなみに、そんな店にも1年、2年働いている子が二人いる。
なんでその子達が働き続けているのか聞いてみたところ、
彼女らはドイツに滞在し続けるための労働ビザを店に発給してもらったからなのだ。
そう。ビザを人質にこんなピンハネ店に囚われているのである。
実際に入り込んでみて、知れば知るほどブラックに人をこき使っている店だったのだ。

もちろん、一年働き続けている子もこのピンハネぶりにおかしいと感じないわけはなく、
彼女も実際店と交渉を試みたのだそうだが、”家賃が払えなくなる”とかなんとかで断られたそうだ。
そんな店は、ベルリンでも一等地にあり、店主もその近くのセレブチックな建物の最上階に住んでいる。趣味はワインだとか。
てめー、このやろー!どっちの家賃が払えなくなるって意味だ?こら!
私らワーカーの腕でもって稼がせピンハネし、搾取の上でセレブ気取りやがって!
わかりやすく格差社会の縮図を見せてくれるじゃないの!

ジェシカも2週間働いてみたところで、どうにも抑えきれなくなり、新人のくせに店に抗議。
ちょっとした波紋を投げかけることになったが、もちろん店側は賃上げにも全く受け入れず、ラチの明かない状態になり、結局、最終手段はこんな黒い店からは逃げるが勝ちって感じでジェシカ自ら辞職を告げることにした。
しかし、ここでもせっかくの搾取対象を逃したくはない店、
”トレーニングしたんだから、最低6ヶ月以上働いてくれないと困る。約束がちがう。
今辞めるならトレーニング料50万は請求することも考える”…とか言い出す始末。
えっと、ジェシカね、6ヶ月働く約束なんかしてないよ?
契約書にも辞める1か月前に届け出せば良いって書いてあるし。
トレーニングったって、タイでマッサージ学校行ったりしたこともあったりして、要領良いから10時間もトレーニングしないでデビューしたよね?脅迫ですか?
最後までブラックで呆れてしまったわ。
ギャラ5ユーロで気づかなかったことが最大の失敗だ。

まー、そんなこんなでも辞職の意は折れることなく、面倒ながらも店との話し合いの末にあと1ヶ月半は働いて辞めることになった。
働く日数も減らしてね。
1ヶ月半ってのは、店の為よりも他の子たちに負担としわ寄せがいくのを案じた日本人のお人好しな性質により少し譲ってやったことにより。orz

ここで、本当に賃金アップを交渉するならば他のワーカーたち皆と協力して集団ストでも起こして店と交渉する手こそこんな店には非常に有効だと思い浮かんだのだが賃金に疑問を持ちつつも、闘ってみようって気になる子はいないようだった。
まあ、それが普通の島国育ちの日本人女子ってことなのかなぁ。。;
しかも、ビザ奴隷になってる子以外はワーキングホリデーで1年しかいないし生活費稼ぐってよりも半年くらいの経験バイトみたいな感覚で来てるのだから闘うほど労力を使う気になれないってのも事実だろう。
そう、そんなふうにワーホリで来た人をうまく利用してこの店はまわっているんだね。
今回のことでとても勉強になりました。

このようなグレーな雇用主は他にもドイツ以外にもある話と聞いた。 
こんなだから、どこに行っても気を抜いてはいけないのだろう。
特に海外で働く場合は、その国の労働関係の法律にも不慣れなわけだから尚更。
もし、みんなも海外で働く場合があったら気をつけて。
なかなか私が勤務する店みたいなとこは無いとは思うけど。。!

そんな感じで、全然まとまってないような気がするけどw個人的労働騒動をここまで読んでくれた人ありがとう!
またなんか面白いことあったら投稿するよ!ちゅーす!
以上、ジェシカでした。

dont do not …under ground comunity repor’

ドーモドーモ、ラッコスでち

T↑カワイイオリジナル絵文字募集!
キョーモLiveだったよ!

ん!まぁ痛烈!

脳性麻痺号↓from 東京新聞

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2012112202000256.html

20周年やったね!
ここまできた!
他のバンドは諸事情によりあえて名前出さないけど、ずーっと昔からの仲間が集まって、現在進行形の音をぶつけ合う、素晴らしいギグ。まぁ言葉だけぢゃ足りない!感無量な一日だったよ!

写真も載せないよ!

明日もLive! 幸せだー!